スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の山旅

9月の18日晩出発、21日まで、お天気に恵まれて黒部周遊の縦走に行ってきました。

18日、村の会合のあと21:15出発。
19日 1:50扇沢着。4時間半で予想より早く仮眠できてうれしい。

7時半のトロリーバスのために6:30から列に並んで黒部ダムの下流から歩行開始。
内蔵助の出会いまでは普通の山道だったが、その先は行けども行けども絶壁歩きで久々の山歩きにしてはスリリングすぎ。ヘルメット持っていってよかったです。マットはザックの左に付け直し、ストックも仕舞って手をあけました。道を整備している職人さんたちには頭が下がります。

 このコースは、学生時代の先輩が行ってみたいと言ってたことがあって、山をはじめてから何度も計画したけど、天気や地震、休みの加減で行けなかったところ。結局初めて聞いてから20年も経って実現した山行となりました。
 Mちゃんは36年ぶりの再訪だそう。
しものろうか
  さんざん廊下を歩いたのち、黒部第3ダムの建物の中を通過して、阿曽原温泉に向かいました。
開放的すぎる温泉に浸かると、一気にみんな仲良くなって(男性は芋の子洗う状態だったよう)、8日間単独で新穂高温泉から歩いてきたという東京のきれいなお姉さんと友達になって、夕食を一緒に食べました。
お名前も聞かなかったけど、またどっかの山でばったり会えるかな。

20日 3:50起床。暗い中、登りへ出発。20分の後、分岐が、あれ??ない。
地図をみるとあるはずの分岐がない。
昨日きた時も、ないなあと思ったけど、やっぱりない。
仕方なく、また小屋へ下って聞くと雲切新道というのが2006年に作られてダムに戻って沢をまたいで向こう側の尾根に行く行程になっているとのこと。そういえば、過去に計画をしたときにネットで何やらそんなことになってるのを見たことを思い出した。行く前に見てたら、きっとこの行程は選択になかったな…たぶんロスタイム含めて行程は2時間ほどオーバーになるから、本日は予定の剣沢まで行けない。

途中で仙人温泉を通過し、ひたすら沢沿いを登ると、急にどどーんと裏剣の絶景が目にとびこんできました。
すごい。これは来てよかった。小屋のご主人がシャッターを押してくれた写真が年賀状に採用決定。2007年にいなこと行ったチンネは、おとぎの国の中の世界のようにそびえ立って、ほんまにあんなところ行ったんやろか…

うらつるぎ

それから、氷河認定された三の窓雪渓を見ながら2時間の下り。
さんのまどせっけい
沢について、またまたMちゃんがボルダー遊びをして、真砂沢へ。本日はこちらでテント泊。

21日 3時起床。4時出発。暗闇の中、雪渓を登り始めた。別山沢出会いでいったん雪渓が切れてしまい、滝を巻くのか???と暗闇の中うろうろするが、Mちゃんが左の斜面に夏道を見つけてまた雪渓へ戻れた。
てくてく歩いて劔が見えて、剣沢を超えて、乗っ越しを超えて立山三山を初めて歩いた。

つるぎ

立山三山は観光客が多い。
500円でお払いしてもらえるが人が多いのでスルーして田んぼ平への絶景をみながら最後の下りへ。
たんぼたいら

 最後に足がいうことを聞かなくなって、黒部平から地下ケーブル乗車。
その間の行程をMちゃんは走っておりたらしく、わたしよりはるかに早く黒部ダムに着いたらしい。
そんなに早く降りたとは知らないわたしは、Mちゃんが帰ってくると思われる出口で待ち続けMちゃんにどエライ叱られて山行は無事終わった。

帰りに常念を望むコンビニの横にある”マルシェ常念”というお店で地元のシャインマスカット、紅玉りんごなどを買い込んだ。山に行ったらまた寄りたいな。

 この山行の次の週末に御嶽山が噴火しました。
一週間早かったら、きっと山に行く気が失せていたと思います。
万全にしていても山はいろいろあると改めて感じました。
それでもやっぱり山にまた行くと思います。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お二人さん、コメントありがとうね〜!
誰かみてくれてるって嬉しいものだね。

お二人・ご家族お元気そうで何より。
廊下は絶壁すぎてホンマに怖かった。
さくちゃんが大きくなったら連れてってもらってね。
Mちゃんはストックを今年から導入して、四足で走ったようです。
ストックはすごい推進力なんだって。

日本の山もいいよねえ。
かわいい女の子めっちゃ増えてまっせ。

No title

ココ俺も行ってみたかったとこだ!いいなあ。
しかし、子連れでいけるようなとこじゃなさそうだね。。。
まずは上高地くらいからかなあ。
Mちゃん凄いね!そりゃ、まさか走ってケーブルカーより早く下りてくるなんて想像もしないよね(笑)

No title

めっちゃいいなあ、日本の山!
こっちは山が遠くて気軽に行けないのでめっちゃ羨ましいわー。
ゆったりのんびり、縦走できる日がまた来ますように。(キャンプでもいいけど。笑)
プロフィール

nobkov

Author:nobkov
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。