スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16年夏の山旅とちょっと俳句

山に行く前の猫たちです。

かき氷モン
かき氷器をくぐるのが流行りのモン

ゆき
箱入り娘 

みいこ
箱入り娘2

さて出発。
7月終わりの週末に、行ったことのなかった岳沢〜天狗のコル〜奥穂〜キレット〜南岳〜槍沢へ行ってきました。
買ったばかりのお揃いの縦走靴 スカルパクリスタロを試す目的もありました。

アカンダナ駐車場は、天候不良の予報のせいか、7月の週末なのにガラガラ。あれれ?
上高地もそれなりに人はいるけどやっぱり少なめ。
岳沢まで久々の歩きでややバテ気味でとろとろ歩くと、おっさん(夫)にやれ遅いとえらく非難され荷物をさっそく押し付け
少し早く歩けるようになりました。
岳沢からはほとんどの人が重太郎新道に行ってしまい、天狗のコルを目指す人は先にぽつんと一人のみ。
今年の雪解けは2週間早いらしく、アイゼンは不要とのことだったけど、気が引き締まりました。

岩雲雀ガスの切れ間にコル目指し
天狗のコルを目指して

岳沢〜コルまで2時間半で到着。
奥穂まで怖い縦走路を3時間で奥穂。
ちょっとガスったけど降らず。
穂高岳山荘でテント泊。

2日目快晴。
去年行った前穂、かっこよし。
前穂北尾根

キレット目指し、北穂を降りていきます。
切戸目指して
どこもずっと怖い。
足も痛い。
やっぱりアプローチ靴の方が楽やなあ・・・


切戸で雷鳥親子に励まされ

雪渓を踏みつ稜線振り返る


南岳前の急登とよれよれになって登ったあと、天狗原の天国のような景色を通り過ぎ、槍沢をくだって横尾を目指します。
槍沢へ

朝4時半出発で、到着したのは17時でした。
よれた・・・
最初で多分最後のキレット、怖かったです。
ほとんどの人が条例もあってメットをかぶってました。


さてさて8月に入って、もっかい縦走へ。
この度は、針木雪渓〜蓮華岳〜七倉岳1日目
      烏帽子岳〜野口五郎岳 2日目
      水晶岳〜赤牛岳 3日目
      奥黒部ヒュッテ〜黒部ダム 4日目
の予定で準備して出発したのですが。

針木雪渓
針木雪渓・・・なのに雪渓は見当たらず。

針木雪渓2
やっぱり雪が少なく、上部で崩壊がすすみ高巻道が整備されていました。

こまくさ群落
蓮華岳周辺の稜線はコマクサの群生地。
とても見ごたえがありました。

七倉岳

針木小屋まで6時間。
その後の道はざれざれで蓮華からの下りはかなりの傾斜でかなり気を遣いました。
蓮華〜北葛を超えて、お向かいに見えてる七倉岳まで歩いても歩いても着かない・・・
よれによれて11時間歩いて七倉岳になんとか到着。

明日もあさっても11時間行動は厳しく、明日からエスケープの道がないことから、残念ながら下山することに決めました。
おっさんががんばって担ぎ上げた3日分のビールとサイダー、タンパク質の食材を一気食いして就寝。

翌日は黒部ダムに向かって針の木谷を下りました。
地図上は点線で、何回もルートが変わっており危険の印がいっぱいある道だったけど、水量が少なく飛び石でどんどん下れる楽しいルート。
途中に大きな壁があります。
誰か開拓してください。

壁

なでしこ
お花もたくさんあり、イングリッシュガーデンのような様相のところもたくさんあります。


横切りし沢でひと浴び夏の山


平の渡し

下山して渡る湖面は風ばかり
                剣山
下山して平の渡し旅気分
                伸山
どっちもテレビ見すぎです。

それから黒部のダムまでが長い!!
途中でおなかが減りすぎて沢でソー麺流しをして遊びました。
あー、よれた。
やっぱり赤牛はなかなか遠い山です。
来年は、東沢アプローチでチャレンジしたいなという話になりました。


帰ったら、僕ちゃんたちはまた少し大きくなってました。
モンニャス
スポンサーサイト
プロフィール

nobkov

Author:nobkov
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。